自動エンジンの事

自動車のエンジンとオイル

トップ / 自動車のエンジンとオイル

自動車を長く乗り続けるコツ

自動車を長く乗り続けるには、こまめにエンジンオイルの交換をすることです。そのわけは、人間の血液と同じ様に車にも綺麗なオイルを流すことでエンジンの耐久性も良くなります。また、常に綺麗な状態を保つことで故障などのトラブルも回避することができます。それに、最近のオイル交換はかなりお手頃な価格になっているので、最低でも3000kmの走行距離を目安に交換することをおすすめします。そして、国産の自動車はメンテナンスを怠らなければ10年以上は乗り続けることができます。また、これだけ長く乗り続けることができれば、次に車を購入する資金を貯めることができます。

ガソリンエンジンを解説

自動車のガソリンエンジンを解説します。SOHC型は、別名シングルカム、カムシャフトが1つあります。DOHC型は、別名ツインカム、SOHC型に比べて、カムシャフトが2つあります。燃費の向上効果があります。また、フォーカム型は、カムシャフトをDOHC型の2倍に増やしたものです。現在は、多くの自動車がDOHC型です。リーンバーンエンジンは、希少燃焼方式を採用、燃費の20パーセント向上、二酸化炭素排出量の20パーセント削減を実現しています。現在は、リーンバーン搭載車に変わり、可変バルブタイミング機構採用の車が次々と登場しています。

便利な自動車設備情報